男性型脱毛症の原因とは何か

男性型脱毛症の原因とは何か

男性型脱毛症のことをAGAといいます。日本の成人男性のうち、このAGAタイプの薄毛のひとは約1260万人います。AGAになると、額から少しずつ髪が後退していったり、頭頂部がだんだんと薄くなっていきます。男性によってその症状のいずれか1つになる場合や、その両方の症状の人など様々です。
このAGAは放置していて自然に治ることはありません。適切な処置を何もしなければ、髪は徐々に着実にゆっくりと薄毛を進行させていくのです。なのでAGAに気付いたら少しでもはやく手を打つ必要があるのです。
でも多くの男性にとっての悩みであるAGAタイプの薄毛の原因とは何でしょうか。それは毛髪が抜ける部分にジヒドロテストステロンが高濃度に発生することが原因です。この物質はDHTと略されます。このDHTこそが男性型脱毛症の原因物質そのものなのです。DHTが高濃度に発生すると、ヘアサイクルが短くなります。その結果、髪の毛が十分に太く育つ前に、薄い状態で髪が抜け落ちてしまうのです。この悪循環の繰り返しによってAGAが進行していくわけです。
AGAに対抗するには植毛しか方法はございません。
後頭部や側頭部の毛髪はAGAの影響を受けないので、その毛髪をハゲの部分に移植するのが植毛になります、